麻黄湯(マオウトウ)の紹介(効果とおすすめできる人)

季節の変わり目になると風邪やインフルエンザなどが気になることもあるでしょう。このような病気にかかると熱が出てしまうこともありますし、生活に支障をきたす場合もあります。麻黄湯は風邪やインフルエンザに対して使用される漢方薬であり、関節リウマチや喘息などに使われることもあります。麻黄湯には発汗を促進するという作用があるため、体内に溜まった熱や痛みを発散させることができます。麻黄湯は体力が充実しており、発熱や頭痛がある人、関節が痛い人などに使われます。体力がある人に有効な漢方薬であり、虚弱体質の人に使うことはありません。ちなみに、体質に合っていない人が使用すると効果が出にくいことはもちろん、副作用が出てしまうこともあるのです。麻黄湯は風邪やインフルエンザなどの初期に使うのが効果的であり、発熱や頭痛があっても汗をかいていない場合におすすめです。汗を出させることで熱や痛みを鎮める麻黄湯には、4種類の生薬が配合されています。これらを組み合わせることで熱や痛みに対応するということですが、主な生薬は麻黄となっています。この漢方薬には抗炎症作用や発熱に対する作用、ウイルスの増殖を抑える作用などが認められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です