越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)の紹介(効果とおすすめできる人)

越婢加朮湯は、漢方薬の一種です。
以前は生薬を煮出して飲む煎じ薬が一般的でしたが、今は煎じたものを顆粒にしたエキス剤が一般的です。
吸収の良い食前に服用します。
からだの熱や痛み、むくみを発散する効果があり、主に病気の初期症状に使用されます。
そのため、アトピー性皮膚炎や水疱、むくみ、分泌物のある湿疹、皮膚炎、関節リウマチ、変形性膝関節症、腎炎、ネフローゼ、夜尿症、尿量減少、むくみなど、さまざまな症状に対して適応です。
6種類の生薬がバランスよく配合されてます。
・石膏
熱を取りからだを冷ます
・麻黄
交感神経を刺激
・大棗
鎮静、緩和、強壮
・生姜
吐き気やむかつきの緩和
・甘草
疼痛など急迫症状の緩和
・蒼朮
からだの余分な水分を取り除く
この中の麻黄のはたらきは、含まれているエフェドリンという物質のはたらきによるものです。
エフェドリンは、循環器に負担をかけることがあるので、心臓病や高血圧といった循環器系の疾患がある方には基本的には用いません。
また体力のない人(虚証)や、発汗の多い人にも向きません。
越婢加朮湯が向いている人は、急性期(急証)、体力が十分にある(実証)、炎症を起こしている(炎証)、体内に余分な水分がある(湿証)の人です。

防風通聖散

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です