桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)の紹介(効果とおすすめできる人)

桂枝茯苓丸は血の道症など女性の体調不良を改善する薬で、漢方の得意分野になります。東洋医学では血行障害やお血(おけつ)という症状は、血のめぐりが滞っていてドロドロ血などによる不具合のことです。
桂枝茯苓丸を用いる症状には生理不順、生理痛、頭痛、めまい、肩こり、のぼせ、足の冷えなどがあります。また様々な諸症状をともなう更年期障害にも使用されます。
桂枝茯苓丸はとくに下半身が冷えて足が冷たく上半身の熱い冷えのぼせなどによるため、頭痛、肩こりめまいや下腹部に圧痛のある諸症状を改善します。月経困難、子宮内膜炎、卵巣炎、月経過多、痔出血にも用いられています。血のめぐりを改善するため湿疹、ニキビ、シミ、皮膚炎、打撲、皮下出血にも効果が認められています。以上のように血行を改善し熱のバランスを整えて、ホルモンバランスを整えるため幅広く使用されています。
配合されている生薬にはケイヒ、ブクリョウ、シャクヤク、トウニン、ボタンピになります。ケイヒはシナモンのことで発汗、血流増加、鎮痛作用があります。さらにのぼせの症状をとりのぞき解熱作用もあります。ブクリョウはサルノコシカケカ科のマツホド菌の菌核で利尿作用、健脾、滋養、血糖降下などがあります。
桂枝茯苓丸の適した方は比較的に体力があり、赤ら顔の方に多く腹部の張りのある方に適しています。
子宮筋腫の予防に使用されますし、不妊の治療薬としても用いられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です