桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)の紹介(効果とおすすめできる人)

神経が衰弱すると不眠症や神経症、不安症、うつ病などといった病気にかかってしまうことがあります。このような病気はストレスや神経の興奮などが原因とされており、桂枝加竜骨牡蛎湯という漢方薬が使われることがあるでしょう。桂枝加竜骨牡蛎湯には神経の興奮を抑えるという作用があるため、さまざまな精神症状を改善することができます。また、精神面が関与する動悸や性的機能の低下を改善する効果もあるとされています。桂枝加竜骨牡蛎湯は体力が衰えており、腹筋の下側に緊張がある人や精神面の問題がある人などに使われます。虚弱体質の人に使用される漢方であり、精神不安があっても体力がある人に使われることはありません。体力がある人がこの漢方薬を使っても効果は薄いため、体力充実の人に用いられる漢方薬を選ぶ必要があるのです。精神症状を緩和する桂枝加竜骨牡蛎湯には、7種類の生薬が含まれています。発汗作用がある成分や痛みを取り除く成分などが含まれており、これによって精神的な症状を改善することができるのです。桂枝加竜骨牡蛎湯は精神不安やイライラ、神経症、不眠症、不安症、神経衰弱などに使われるということですが、神経が衰弱すると性的な機能の低下にも繋がってしまうことがあります。精神面の不安を取り除く桂枝加竜骨牡蛎湯を使うことにより、性的機能の回復をサポートしてくれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です